【浜松市天竜区二俣】人の話を聞くのが傾聴?地域のボランティア講座に参加してきました!

こんにちは

今回は地域の傾聴ボランティア講座に参加してきました!

今回の記事の簡単な内容

注目
  • 人の話を聞くのが傾聴?
  • 人の気持ちを「わかる」・「寄り添う」とは?
  • どうして?は自分の気持ちを埋めたいだけ

ボランティア活動をしていたり、介護関係にの職に就いている人、家族との人間関係で悩んでいる人は是非参考に!

ではいきましょう!

※ブログに写真や内容等の掲載許可はとってあります

傾聴ボランティア講座に参加してきたレポート!傾聴とはなに??

レポート①:人の話を聞くのが傾聴なの??

人の話をただ聞くのが傾聴ではなく、

人の気持ちに寄り添い、わかってあげることが傾聴である

 

相手の話を聞いて、素直に相槌を打つのもコミュニケーションとしては成立するが

傾聴はその一歩先の、相手の話を聞きその感情に寄り添う事が重要

 

レポート②:人の気持ちを『わかる』・『寄り添う』とは?

人の気持ちをわかる・寄り添うとは?
  • 辛かったねと言葉を投げかける
  • 大変だったねと相手を理解する
  • 相手を認める・受け止める

話を聞き相槌を打ち、相手の感情に沿った言葉を投げかける

これにより話し手からすれば、真剣に聞いてくれて自分自身の気持ち理解してくれるという気持ちになる

こういった気持ちになると、自然と言葉が溢れ心の底にある本当は苦しくて言えなかったことが言えるようになる

苦しくて言えなかった言葉を言えるようになると、ストレス発散になり心が少し軽くなる

 

レポート③『どうして?』は自分の気持ちを埋めたいだけ

これは自分が知りたいという欲求を埋めるために質問しているだけ

こうなると、相手が本当に話したいことからどんどん離れてしまい、しまいには相手の話題が続いてしまう

これに似ている事例として

 

原因を追究する質問や答えを見つける質問

 

相手と自分では必ずしも答えは一緒ではない

そのため、こちらから断定するような質問は傾聴ではなくなってしまう

話を聞いていると、どうしても答えを先読みしてしまい質問したくなる

そこをぐっと我慢して相手の話に耳を傾けよう

 

傾聴ボランティア講座まとめ

今回の記事の簡単なまとめ

簡単なまとめ
  • 人の気持ちに寄り添うことが傾聴
  • 寄り添うとは、相手を理解し受け止めること
  • 原因や答えを見つける質問は自分の気持ちを埋めたいだけ

 

今回の講座を受けての印象はとても難しいと感じた

傾聴を意識するとこちらからは話を振らず、相手の気持ちに寄り添う

こうなると、9:1の割合で相手が多く話すことになり、ついつい『それってこういうことだよね?』と聞いてしまう

自分からは話題を振らず、相手の気持ちに寄り添う言葉しか言わない!と決めると丁度いい塩梅になる

 

最後に良い言葉があったので紹介!

心から聴いてもらえたとき、意外にことが起こる
  • 生き返る
  • 成長が始まる
  • 壁が崩壊する
  • 自分も、まんざらではないと思う
  • 自分の知らなかった独自性に気づく
  • 癒され始める

出典:新・電話カウンセリング P43

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です