仕事を辞めました!理由と経緯を報告。~理由編~

こんにちは

2018年8月末に仕事を辞めました

きっと今の仕事を続けている人で、いつかは辞めたい、辞めたいけどなかなか決心できない。と考えいてる人はきっといるはず

僕自も辞めたいと何度も考え、これからの自分の人生はどうなってしまうのかと何度も悩みました

今回は、僕自身が辞めると決心した理由と、どうやって辞めることができたのかを報告したいと思う

今悩んでいる人は、全部が全部参考にはならないかもしれないが、こういった決断をした人もいると捉え、一つの指針としてほしい

とりあえず、結論から言うと

本当に辞めてよかった!

 

ではさっそくいきましょう!

仕事を辞めると決心した理由

辞めた理由①:次の就職先が決まったから

在職中に地域おこし協力隊の募集を見つけ応募した結果、無事に内定を貰ったのが全ての始まり

仕事をしながら、履歴書や面接練習をするのは少しきつかったが、この行動で何かが変わるかもしれないと考えたらそこまで苦ではなかった

 

毎日出社し、始業までの時間を転職関係のブログを読んだり、休み時間にはこのままでいいのかなと悩みながらまた転職関係のブログを読み漁る期間がずっと続いていた

 

辞めるまでになかなか決心できない理由としてこの3つがあると思う

決心できな理由
  • 将来への漠然とした不安
  • この先仕事はどうするの?
  • 月々の出費があるのに収入0円はさすがに・・・

 

まあ簡単に言うと、未来への不安だよね

 

さすがに次の仕事を在職中に見つけるのは難しいかもしれないが、決めてしまうと驚くほど今の会社への未練がなくなる

これは自分自身もとても驚いた

なんで今まで決断できなかったのか本当に謎レベルで(笑)

まずは転職サイトに登録から始めると、今の自分の立ち位置を確認できるから、まずは小さい一歩から始めよう

 

 

辞めた理由②:毎日つけていた一言日記を見返し、このままだと絶対自分は潰れると判断したから

半年ほどつけていたけどマイナスな言葉が多く、よくこんな精神状態で生活できていたのかと心配になるレベル

これを見返して、このままここにいてもいい未来は絶対にこないと感じ、退職に向けてさらに加速度が増していった

 

辛い時の気持ちをスケジュール帳に書いておくと、その時の気持ちを忘れない。これはとても重要だと感じる

頭の中では、いつ辞めようか・・・どうしようか・・・と、堂々巡りの思考になってしまう

だから、気持ちを書き残し、その時と心情が変わっていなければそれは退職のタイミングと考えた方がよい

 

そんなマイナスの気持ちで来年の今を生活したくないでしょ?

 

ちなみに一言日記でよくでてきた単語ベスト3

 

注目
  • 1位めまいがする
  • 2位今日も眠れなかった
  • 3位心が壊れそう

もう正常な精神状態ではないよね(汗)

 

 

辞めた理由③:会社の環境に慣れることができなかったから

今の会社の社風として、『皆頑張っているんだから弱音なんて吐く前に働け』この気持ちが根底にある

だから上司になる人達は体育会系が多く、残業がひとつの評価基準になっている

 

業績が悪い部署はまず何をやるかと言うと、残業を増やしさらに仕事の量を増やそう!だからね

根本的な解決になっていなくて、驚きを通りすぎて笑いそうになった

 

おかしいと思った所を別記事で書いたので参考に

 

 

まとめ

今回の仕事を辞めた理由を簡単に説明すると

辞めた理由まとめ
  • 地域おこし協力隊という次の就職先が決まったから
  • 毎日つけていた一言日記を見返し、普通の精神状態ではないと判断したから
  • 会社の社風に慣れず、残業=仕事ができる。この考えが嫌だった

 

未来への希望が持てると、少しずつ今どうすべきなのかが見えてくる

今がとても辛いと感じている人は、少しの勇気と、少しの行動できっといい未来に近づくことができる

これだけは言いたいのが待っているだけでは、なにも舞い込んでこない

自分自身も空き時間に情報を得ようと必死にネットサーフィンをしていたから、次が見つかり、そこから少しの勇気で一歩踏み出した結果が今だと思う

辛いかもしれないが、小さな一歩を踏み出そう

 

今回は2つに分けます!

次は経緯編!決心をした後、どのようにして退職できたかを報告します

よかったら読んでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です