部下を育てない上司に出会ってしまい辛い方へ。上司との特徴と対処法を紹介

こんにちは

仕事を進めていく中で、疑問点にぶつかり誰かに助言を求めることは誰しも経験がある

そこで、『これは教えられる仕事ではないから、まずはやってみて?』と、言われることはないだろうか?

まずはやってみて?と言われても、どこから手をつけていいかわからない。

仕事は毎日変わっていく中で、成果を求められる。就業時間内では終わらず、残業続きになってしまうこともある。

一つひとつの仕事を効率よくやりたいと考えているが、こういったことがあると作業効率が落ち、なかなか仕事が進まない

そして、その時はこう答えた方がよい

注目
  • その仕事どうやって覚えたんですか?
  • とっかかりを教えてもらえれば効率がいいと思います

 

仕事を教える気がない人は、部下を育てようと考えていない

そういった上司に何度求めても答えは変わらない

だからと言って、なにも言わず進めていけば自分が苦しくなる

今回は自分の経験から、そういった場合どのように対処した方がいいかを紹介したい

上司が部下を育てようとしない理由2選

理由①:叩き上げの環境で育ったから

いわゆる『叩き上げ』といわれる人たちである

叩き上げの上司の特徴
  • 自分一人で仕事を覚えて進めた
  • 誰も教えてくれなかった
  • 結果的に成果を上げた

上記の3つが今までの経験の中にあり、仕事は自分で覚え、進めるものだと考えている

とりあえず、仕事を進めて、細かい所は無視。とりあえずゴールすればいいみたいな形

これができるのは、バブル期だけだよね。失敗しても資金はあるから許されるみたいな?だからとりあえずゴールするみたいな?

こういった人には本当に言いたいことがある

 

お前ら、頭かっっった

 

凝り固まった価値観というのがいかに怖いかを確認できるね

自分=世界 とでも思ってるんだろうね。

 

自分の物差しで人を測るなby自分

 

名言!テストに出るからメモっとけよ!

 

理由②自分は忙しいと自負している

これを見ている人はどんな人なんだろう?学生さんなら申し訳ない。

社会人の人ならわかると思うが、できる上司程忙しく見えない。ということに気づく

恐らくタスクマネジメントがすごいんだろうね

できる上司の特徴
  • メールの返信が早い
  • 請求書などの雑務の漏れがない
  • 下の人から慕われている

こういった特徴がある

 

部下を育てる気がない上司は、自分が忙しいアピールがすごい(笑)

自分の職場、オフィス内を『はぁーはぁー』言いながら歩いてて笑いそうになったからね

え?なにを息を切らしているの?なにアピール??

 

忙しそうな上司は自分が忙しいから、部下を見ている暇がないと思っている

だがそれは、上司として一番やってはいけないこと。部下が育てれば自分が楽になりチームの効率は必ず上がる

そこをもっと上司の方は理解したほうがいい

 

人材は会社の宝であるby自分

 

テストにでるぞー!

 

育てる気がない上司と出会ってしまった場合の対処法

まずこれは始めに言っとくが

育てる気がない上司は、

 

上司『私は、育てる気がありません!』

 

なんて言いません。組織に属している大人のため、言葉巧みに言ってくるの気を付けること!

対処法①その仕事どうやって覚えたんですか?

仕事というのは、皆が同じように作業ができるようにマニュアルや作業手順書などが(一緒か)、保管されている

だから、上司に『どうやって覚えたんですか?』と聞いた方がいい

そこで、マニュアル見てと言われたら、もうこっちのもんですよ

わからないことがあったら躊躇しないで聞きにいった方がいい

相手の都合なんて気にする必要はない!

 

教えるのを放棄しているのは相手だから自分が臆することはない

そこで、躊躇していては自分が必ず損することになる

そういった上司の決まり文句として

 

上司『一回教えたよね?』

 

とか、わけわかめみたいなこと言いだすから注意すること

まとめ

今回のことを簡単にまとめると

育てようとしない上司の特徴

育てようとしない上司の特徴
  • 叩き上げの環境で育った価値観が固まった人
  • 忙しいアピールがすごく、仕事を管理できていない人

上司への対処法

上司の対処法
  • どうやって覚えたんですか?と聞く。
  • 相手の都合なんで考えずにガンガン聞きに行く
  • 自分のことは自分で守る

上司は部下を選べないというが

 

部下も上司を選べねーんだよタコ!

 

仕事は何カ月もしていれば自然に覚えられるから心配しないように

焦って覚えるよりは時間をかけた方が絶対にいい

覚えた後は復習を忘れずに!

何回もいっているが自分のことは自分で守るためにも相手のことは気にしないように!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です