会社に行くのが精神的に辛い。薬を飲むメリット2選。普通の精神状態に戻した方がいい。

会社に行きたくないと思う事は誰にでも経験がある

 

注目
  1. 職場の人間関係が辛い
  2. 仕事量が多すぎる
  3. 重要なプレゼンがある

 

仕事の原因で体調に変化がでていないだろうか?

眠れないや動悸が激しいなど

そういった場合は『薬』に頼ってみるのも一つの手である

 

結論から言うと仕事に対するストレスで体調が悪くなっている場合

 

すぐに病院に行った方がいい

 

自分が精神科や心療内科に行くことに抵抗を感じることもわかる

そしてきっと薬を貰い飲み続け依存症になってしまうのではないかと考えるだろう。しかし

 

体からのサインを見逃してはいけない

 

うつ病は気づいた時には重症になっている場合が多い

そうならないためにも

精神を安定させる薬について伝えたいと思う

精神安定剤の購入方法

市販で精神安定剤は買えるのか

結論から言うと市販では買えない

精神安定剤は脳に直接作用する薬のため、依存症など危険があるため適切に服用しなければならない

そのため、市販で(処方箋ナシ)は購入できない

そのため、必ず精神科や心療内科の診察を受けた後で処方してもらうこと

 

しかし、市販でも

睡眠をサポートや、心と体を休めるサプリメントは購入可能である

精神科や心療内科は初診予約制のため、その期間までやどうしても行けない方は

選択肢の一つとして考えること

メリット:動悸の軽減

動悸の軽減のメリット

まず動悸が激しい方、辛さは非常によくわかる

自分自信も動悸が激しい時があった

 

注目

 

  • 人前でプレゼンする前日
  • 納期に追われるプレッシャー
  • 上司からのプレッシャー

 

この時は本当に辛く、精神科に受診し処方された薬を服用するようになった

結果からいうと効果はあった

おそらく、動悸に悩まされている人は

 

動悸があることが当たり前になっている

 

これは自分自身もそうだったため、動悸がない状態というのが

ここまで楽なんだと再確認することができる

この状態が『普通』だと知ることで、安心感も生まれる

 

メリット:精神的に辛い時でも眠ることができる

睡眠不足はどうしても辛い

精神的な疾患の原因はやはり睡眠不足が一番である

仕事のプレッシャーから睡眠不足になると、そこから派生してうつ病等を発症しかねない

この『睡眠不足』も薬で解消できる

日曜日の夜や、平日に途中で起きてしまうということがなくなる

そうなれば、睡眠不足からのストれるは大分軽減される

まとめ:普通の状態を忘れている

少しずつ体調が悪くなるから今の状態が『普通』となってしまうのは当たり前である

そのため、薬に頼ることは決して悪い事ではない

サプリメントは依存症等はないため、『サポート』としての位置づけで飲むこと

一番は病院に行きしっかり診察してもらうこと

病院に行き、なにものなかったらそれで終わりなため、損はしない

むしろ、自分の中では『普通』だとしても

他の人から見たら『異常』かもしれない

そうならないためにも今一度自分の体調を確認しよう

ではまた!

 

こちらもの記事もおすすめ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です