【新入社員研修】地獄の自衛隊研修。二泊三日の合宿を伝えたいと思う。

こんにちは

新入社員の方は入社式も終わり、新入社員研修にはいってるのではないだろうか。

僕自身が新入社員研修の時は正直かなりつまらなかった。

これなんのためにやるの?みたいな感覚で受けていた

しかしそんな大学生気分を吹っ飛ばす研修がしっかりと用意されていた。

それが自衛隊研修。正直行く前はちょっとした遠足気分なわけ!

イェーーーイ!自衛隊研修?余裕っしょ?ぶっちぎりの余裕っしょ?こちとて10年間バスケやっとんのじゃい!なんならいかなくてもよくね?

もう本当に舐めちぎってた・・

 

この3日間は正直とてもきつかったし、辛かった。けどこの3日間という濃厚な時間の中で少しずつ自分が変わると思っていた。社会人としての一歩を踏み出すことができると考えていた。結果から言おう。なんもかわらん。

それでは内容の方にレッツゴー!!

自衛隊に合宿

自衛隊合宿の話は入社式前から通達はあった。持ち物として動きやすい服装と動きやすい靴。タオル。以上。

もう本当これだけ。あとは個人にまかせますみたいな?バナナはおやつに含まれるの?みたいな?

 

そしてバスに揺られながらどっかの駐屯地?に着いたわけ。荷物を部屋に置いて(6人部屋)グランドに集合。

そこで列になって宣誓?みたいのを代表の子がやってるの。もぅはぁ??って感じ。なぜ宣誓?体育祭かよ!とかなり冷めて目で見ていた。

そこから8人グループに別れる。各グループには現役自衛隊の人が2人つくわけ。そして常に一緒に行動する。

そしてここから本当の研修がスタートしてく。

もうこの時点で若干帰りたい・・・自分

隊列を組み声を出しながら移動

宿舎から食堂は歩いて2分くらいの所にある。そこの移動は全て縦2列になって移動する。

 

『いち、にー。いち、にー。いち、にー』

 

本当に声出して移動するの。しかも声が小さーい!とか言われる始末・・・ここどこ?監獄?プリズンブレイク?脱獄して―。マイケル助けにきてー。

 

初めは食堂までの距離だけかと思ったが違った。

 

全部!まーじーで全部!敷地内の移動は全部2列の移動。もうどんだけ団体行動好きなの。教官が団体行動をする理由とは・・とかうんたらかんたら言ってたがまったく覚えてない。

団体行動ができないと即ペナルティー

各グループで宿舎前に集合する時、どうしても遅れる奴とかいるわけ(大学生気分が抜けてない)

そうなると他のグループは点呼とって『いち、にー。いち、にー』って移動してく。

なかなかこないと教官の顔色もだんだん怪しくなってくるの。カイジもびっくりのリアルざわざわ。まじでざわつく。こっちも、あー終わった。マジで終わった。とかなってくる。

そこで、『すみませんでしたーー!!』って走ってきてやっと全員が集まる。

 

注目

教官『腕立てふせ』(真顔)

俺たち『『え?』』リアルこんな顔→(・□・;)

教官『腕立てふせ!!!!!!』(怒号)

俺たち『は、はいぃぃぃ!!!!』

教官『3分遅れたから30回・・はい、いーーーち』

俺たち『いーーーーち』×30

 

朝から箸も持つ手がプルプル。

ちなみにこの回数は各教官によって違う。一秒につき一回という鬼教官もいたし、とりあえず30回とか言う教官もいた。まぁー結局は30~50回は絶対やらされてた。

 

移動が全て団体行動ということで、あれ・・マジでやばくね・・と感じ始める自分・・・

食事と風呂は全て制限時間つき

ご飯を食べる時間は10分

食事のスタイルはオカズとかその他もろもろを貰って、ご飯は各自自由に盛ってよかった。だからみんな結構動いてるからお腹すいて結構な量を盛るわけ。これは自分自身もそうだった。

各グループごとに着席したら、いただきますをして食べ始める。

ここで教官がいただきますの前に

 

注目

~~グループ全員着席~~

教官『食事の時間は10分。いただきます。』

俺たち『『(・□・;)』』

 

それを早く言えーーーーーーーーーー

こっちは結構な量盛ってるわけ!しかも自分自身かなり食べるの遅い方だから、絶対無理って一瞬でわかるわけ!スラダンの河田に太刀打ちできない赤木ぐらい絶望感なわけ!

しかも隣の奴も盛に盛ってたてたからね!それジャイアント白田でも無理だろ・・・な勢い!

もうとにかく詰め込む。味なんて関係ない。ごはん→味噌汁→ごはん→味噌汁→オカズ。流し込みスタイル!

 

あの教官絶対、横目で見ながら

(こいつら盛すぎでしょ。笑)

とか絶対思ってたな・・許せぬ・・

風呂の時間15分

もうここまでくるとこちらもある程度身構えるわけ。絶対なにかあるなと。

 

教官『風呂の時間は15分。はいスタート!』

 

こちとて、だてに理系の大学でてないんじゃーーーい。15分ということは着替えで5分として・・・

また10分かーーーーーい!!

好きだね~いや~~~本当すきだね~~でも、もういいよ?こっちはもう慣れたよ?

ってな感じで超高速で風呂だった。浴槽があったけど入る時間なんてなかった・・・

早朝からの避難訓練

これは本当に今でも鮮明に覚えている。

1日目が終わって、人事の人に明日は何時起きですか?と聞いてもなかなか言わない。

この人事の人は僕らの一期上の人だから歳も近く、かなりフランクに接してたわけ。

だからこっちも、おいおいあんた人事だろ?そこらへんしっかりしてくれよ?とか思ってたの。

結局わからないまま、6時頃アラームセットしとけば余裕っしょ?(笑)と思いつつ就寝zzz

 

注目

~~AM5:00~~

ドアガーーーーン!教官ドーーーーン!電気ピカーーーー!

教官『起きろーーーー!!!地震が発生!!全員服装そのまま下に集合ーーーー!!!!』

 

もう訳が分からなくてリアルベットから落ちた(マジで!)落ちてから膝に力が入らなくてなかなか立てないの。マジで焦る。けど早く行かなきゃとさらに焦る。なんとか回復して下に集合。

 

教官『わかってると思うが、地震は起きていない。これは訓練だ。日々こういった訓練により・・・』

 

(眠くて全然聞いてなかった)

 

そこから体育館に移動して筋トレと歩行訓練。

歩行訓練は2列で移動するアレをいつもの3倍くらいの声でやる。しかも声出しは全員ではなく一人!!もう眠さと若干の恥ずかしさもあり、声が小さいとお決まりの怒号が飛んでくる。

体育館の中を各グループが動き回るから、上から見たらりあるムカデ人間(映画)だったと思う。

一時間程やり無事終了。

 

マジで帰りて―――――――――となる自分

13㎏背負って25㎞を歩行訓練

これはまーじーで疲れた。まず13㎏という半端な感じもよくわからん。しかも日常生活で13㎏なんて持ったことないから、それが軽いか重いかもわからなかった。実際持った結果

 

おんーーーーーーーーーーも

 

え?まじで?これを背負って25㎞・・・?

小学校の登校時、片道2㎞で約30分ぐらい・・・いや待てよ・・あの時は小さかったし、今は大分大人になってるし・・25分?20分?・・20分だとして・・・25㎞・・・

250分・・・4時間ちょっと・・・

 

無理ーーーーーしぬーーーーーーー

 

しかも人事の人が

 

人事『本当に重いし、きつくなるから無理な人は早めに言うように。この時点で無理そうな人は重さを調整するからすぐに言いに来て下さい。いいですか、無理だけは・・・』

 

いえねーーーーー(変な正義感とちっさいプライド・・・)今なら食い気味で無理です!とかいう自信があるわ。てか自信しかねーわ。

 

いざスタートしてわかったが、ただ歩くだけは本当に辛い。始めは仲いい同期と話してたけど、だんだん暑さと重さで無言になっくる始末・・・

果てしない25㎞・・・敷地内のランニングコースをずっとぐるぐるしているだけなので、この景色をあと何回見るのか・・・としか考えていなかった。

なんとか終わって、背負っている物を降ろしたときはマジで身軽。本当に身軽。NARUTOのリーが重り外したあとのスピードくらい身軽だった。(そこを目指していない)

 

歩き終わると、少しの達成感とこの歩く意味は・・・(考えるのをやめよう)と訳の分からない感情に襲われていた。

地獄のサーキットトレーニング

サーキットトレーニングとは?

サーキットトレーニング
サーキットトレーニングとは、休憩を取らずに、行う運動のことです。全身の筋肉をバランスよく鍛えるため、ある一定の時間内に種目数と種目の回数を設定して行います。種目と種目の間はジョギングでつなぎますが、種目の間の時間を短くするほど負荷が大きくなり、筋肉に効果があるとのこと。通常の有酸素運動よりも無酸素運動のほうが、3倍以上もの脂肪燃焼効果があるのです。サーキットレーニングで、体脂肪を燃やし、太りにくい健康的な体を手にしてみましょう。

出典:http://www.kinnikuguide.com/training/circuit_training/

 

400mトラックをグループ対抗(タイムを競う)で色々な形で走るわけ!

注目

100m:1人を担架に乗せそれを他の人が持ち走る

100m:ダッシュ。

100m:サンドバックみたいのを30回キックしてからダッシュ

100m:ダッシュ

グループ全員がゴールした時のタイムを競う(1位になっても特に何もなし)

あれいけそうじゃね?とかなっていたの。始めは!始めは・・・

先に走り終わったグループの人達見ると。もうゼーゼーなわけ・・翔陽戦の三井レベルでゼーゼー。このあたりから、ヤバい・・と感じてくるオレ・・

 

いざ自分たちのグループになって走ってわかった・・・

 

キック×30がえげつないほどきつーーーーーーー!!!

 

マジで30回は長いし多い!!!この時点でかなりゼーゼー。ラスト100mダッシュはもうふらふら・・・

やっとの思いでゴールしたけど動悸がやばい・・若干貧血・・・その場で倒れこむように休憩・・・

もうゴールした同期たちは皆倒れこみながら休憩。

 

正直、最後に走るグループは皆で一緒に走って、頑張れ!とか、あと少し!とか言いながらゴールしてみんなで泣き笑いし終わりと想像してた。(体育祭のリレーみたいな)

 

みんな死ぬかの如く休憩。ほかの奴なんてどうでもいい。まず自分の回復最優先!みたいな・・

これで自衛隊の研修が終わりを迎えた。

自衛隊:最後に

これは僕自身が自衛隊研修で学んだ(?)ことである。冒頭でも言ったが正直やる意味はない。おそらくこれは会社の上層部の自己満か洗脳したいがための行事ごとである。

だからキャパオーバーな事を言われたら無理と言おう。ここで全力を出してもあまり意味がない。

 

実際一番仲が良かった同期は足の付け根の部分に持病を持っていた。(日常生活の中での歩行は特に問題はない)

25㎞の歩行訓練では無理をしてしまい症状が悪化。そこから病院通いになり仕事に支障がでて辞めてしまった。労災認定はされたが本気でなんとも言えない気持ちになった。

所詮研修ぐらいの気持ちで取り組んだ方がいい。そして無理は絶対にしてはいけない!

ではまた!

こちらの記事もオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です