【体験談】転職サイトリクルートエージェントの評判と利用した感想と解説

こんにちは

 

大手転職サイト・リクナビエージェント

 

転職を始めようとしている人なら必ず聞く言葉ではないだろうか?

僕も転職するにあたってこのサイトに登録した

僕自身転職サイトを利用して転職をした

 

建築業界(施工管理。現場監督)からエンジニアに(電気ケーブルの設計)

 

しかし、リクナビエージェントではない。ただ、この転職サイトも利用したため僕自身が利用した体験談を伝えてたいと思う

これから利用する人は参考にしてほしい

リクナビエージェントの特徴

注目
  • 業界一位の求人数
  • エージェントのサポートの充実

上記2つがやはり一番ではないだろうか

業界1位の求人数

幅広い業種に対応し求人の多さが圧倒的である

転職サイトを利用するにあたって一番重要なのはやはり

 

有益な情報をどれだけ与えてくれるか

 

様々な求人を見て実際自分に合っているのか、福利厚生はどうか、年間休日は何日あるのかを必ず確認する

案件数が少ない転職サイトの場合、10件中2件が自分にとっての良い案件だったとしよう

その場合、自分が重要視している上位何個かが多く重なる案件を選ぶ。そうなると、本当は外せない項目でも妥協しなければいけない場合もある

A社は勤務地が家から近いが残業が多い

B社の方は残業時間が少ないが勤務地が少し遠い

こうなるととても迷ってしまう

質の良い求人に出会うために

単純に『量』が多くなればなるほど『質』は必然と上がってくる

そうなれば10件中5件は自分に合う案件が見つかるようになる

そして条件にあった案件が見つかる可能性も上がる

案件数が多いということは

他の転職サイトに掲載されていない案件も多数あり、そこも強みになる

エージェントのサポートが手厚い

転職で1つの壁となるのがやはり書類関係。まず初めの疑問として職務経歴書とはなんぞやと絶対になる

しかもこの書類は企業に提出する書類なので絶対に手が抜けない書類となる

その他、志望動機、自己PRなど書くことはとても多い。

おそらく自分一人で書いていると文章が被ってしまったり、何を書いていいか悩んでしまう。

そうならないためにも、エージェントに相談し方向性を決め、添削してもらうことができる

また、面接対策もやっており、講習会なども開催されている

無料登録でここまでサポートしてくれるのは非常に心強い

実際登録し、利用した感想

注目
  • エージェントの質によりすべてのメリットがデメリットに変わる
  • 職種を絞らないと、書く書類が増える

エージェントの質によりすべてのメリットがデメリットに変わる

僕自身が途中でリクルートエージェントを使わなくなった理由がまさにこれ

初回面談の時、同業種には就きたくないと伝えたが、広い視野も持つという意味で選択肢の1つに同業種を入れてしまった

それにより毎日5件以上くる案件の内1件以上は施工管理の案件が紹介されることになる

圧倒的な求人数が違う方向に進んでしまい、自分が本来ほしい案件の何%かは施工管理の案件になってしまった

 

絶対的な『量』があってこそ、『質』のいい案件に出会えるはずだが、根本的な『量』の数が減ってしまった

 

職種を絞らないと、書く書類が増える

初回面談で自分が就きたい職種を広げてしまうと書類を作るときに色々気づくことが多い

 

施工管理の企業と、エンジニアの企業の志望動機・自己アピールは同じ文章でいいのか

 

もちろんいい訳がない

そうなると最低でも全く違う文章を2つ作らなければならない

 

職種を絞れば1つの土台を作り、そこから派生して文章を作ることができる

 

志望動機を考える時はやはり企業のことをかなり調べる必要がある

職種を絞って調べれば、その企業の力を注いでいる点、同業他社との違いもわかってくる

転職は思った以上に体力を使う力を注げるポイント絞ることは非常に重要な事である

僕が思う転職サイトリクルートエージェント

結論から言うと、エージェントの質で左右される部分が多い

エージェントの変更できる制度はあるが、おそらく他の転職サイトと併用している人が多い

そのため、変更するよりもう一方の転職サイトに力を注ぐ形になるのではないか

 

そしてエージェントの質は勿論あるが自分の就きたい職種をしっかり伝えよう

どこか妥協してしまうと、最終的に後悔をするのは自分であるそうならないためにも自分の希望をはっきり伝えて自分に合った職場を見つけてほしい

ではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です